サプリメントを選ぶ時のポイント|気軽に栄養補給ができる優れもの

夫婦

脳の働きを良くする栄養素

栄養補助食品

体に必要な栄養素の一つにDHAが挙げられます。DHA、別名ドコサエキサエン酸は脂肪酸という脂質を構成する成分で、青魚などに多くふくまれています。脂肪酸は大きく2つに分けられます。一つは「飽和脂肪酸」、もう一つは「不飽和脂肪酸」というものです。飽和脂肪酸はバターなどの乳製品に多く含まれており、摂取しすぎると悪玉コレステロールが増加し、血液がドロドロになります。その結果、動脈硬化や心筋梗塞などの恐ろしい病気につながることもあります。不飽和脂肪酸はオリーブオイルや青魚に多く含まれており、老化や便秘の予防に役立つだけでなく動脈硬化にも効果があります。このように同じ脂肪酸でも正反対の性質なのです。DHAは人間の体には不可欠な栄養素であるにも関わらず、体内で作り出すことができないので自分から積極的に摂取する必要があります。DHAがなぜ不可欠なのかというと、脳の働きを良くしてくれるからです。脳の働きを活発にして、記憶力や学習能力の向上につながります。中高年になると物忘れが多くなるのはDHA不足が原因です。若いうちに積極的にDHAを摂取することで仕事のパフォーマンスの質も上がり、長い目で見ると認知症の予防にもつながるのです。しかし、現代の日本人は魚介類の摂取量が少ないという傾向にあります。普段の食事でDHAを摂取するのが難しいのであれば、サプリメントで簡単に摂取する方法もあるので、自分に合った方法で補っていくと良いでしょう。