サプリメントを選ぶ時のポイント|気軽に栄養補給ができる優れもの

夫婦

関節痛にはグルコサミン

錠剤

歳をとると、腰やひじ・ひざの関節が痛むという人が多くなります。人間の体は歳をとるごとに骨や筋肉が衰えていくので、若い頃のように動くことが難しくなってしまうのです。関節の痛みは、骨と骨の間にある軟骨が摩擦ですり減ってしまい、クッションとしての役割を果たせなくなっていることが原因です。軟骨というクッションがないと、関節が炎症を起こして痛むようになります。これが関節痛というもので、立ち上がったり座ったりする時に痛みを感じることがあります。この症状を改善するアイテムとして注目されているのがグルコサミンです。テレビや雑誌で耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。グルコサミンには軟骨を作りだすための細胞を刺激する働きがあり、その刺激によって細胞が活性化します。細胞が活性化されることで軟骨の生成が促され、すり減った軟骨が再生するのです。そうなることによって関節痛が改善され、なおかつ関節の強度と柔軟性が高くなります。もう一つ、関節痛に効果のある成分としてコンドロイチンが挙げられます。コンドロイチンは軟骨が摩擦によってすり減るのを防ぐ働きがあるので、グルコサミンと一緒に摂取することでより高い効果が期待できます。サプリメントもグルコサミンとコンドロイチンが一緒に配合してあるものが多いので、効率的に摂取したいのであればサプリメントを飲むと良いでしょう。コンドロイチンは体内で生成される成分ではありますが、歳をとると少ししか生成されないので、関節痛に悩まされている人はサプリメントなどでグルコサミンを摂取してみてはいかがでしょうか。